ARTIST

D-51

D-51

PROFILE

2003年沖縄県北谷町カーニバルパーク広場にてストリートライブをスタート。その人気が話題となり会場限定で販売した自主盤「LET‘s TRY」を瞬く間に5,000枚売り切り、、04年7月sg「TOP OF THE SUMMER」でメジャーデビュー。翌05年3rd sg「NO MORE CRY」はTVドラマ「ごくせん」が主題歌として大ヒットを記録。同年のNHK紅白歌合戦にも出場を果たす。映画“ Always三丁目の夕日の主題歌「Always」 アニメOne Piece主題歌「Brand New World」カルピスウォーターCM曲「Forever Friends」など数多くのヒットを放ちながら今もなお、進化を続けるボーカルデュオである

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
沖縄県出身のYASU(吉田安英)とYU(上里優)からなるボーカルデュオ。
D-51というユニット名は、彼らが通っていた音楽スクールの校長が、全国を駆け巡っていた機関車D-51から命名。
2003年6月より、沖縄県北谷町ミハマ・カーニバルパーク広場にてストリートライブをスタート。最初は緊張の面持ちだった彼らも、次第に人前で唄う喜びを噛み締めるようにのびのびと唄い出した。時には沖縄ならではの炎天下や雨天に悩まされることもあったが、根気強く道行く人へ歌を届け続け、日が経つに連れ、ひとり、またひとりといつしか多くの人が彼らの歌声に足を止めていた。
会場限定で販売していた自主盤「LET‘s TRY」を瞬く間に5,000枚売り切り、2004年2月にミニアルバム「STREET BREEZ」をインディーズリリース。このアルバムは県内TOWER RECORDSにてインディーズチャート1位を記録し、4月には全国発売にまで至った。そして同年7月7日、シングル「TOP OF THE SUMMER」でポニーキャニオンよりメジャーデビュー。
2005年2月発売の3rdシングル「NO MORE CRY」はTVドラマ「ごくせん」の主題歌に抜擢され大ヒットを記録。数々のヒット曲を持ちながらいまもなお進化を続けるボーカルデュオである。

2012年10月17日、徳間ジャパンコミュニケーションズ移籍第1弾シングル、「めぐり逢い」(映画「百年の時計」主題歌)をリリース。
また、2012年、2013年2014年と、中国(北京、スワトウ市、広州、常州、上海)にてライブを行い、大盛況で終了している。

デビュー10周年となる2014はメモリアルイヤーとして、思い出の地カーニバルパーク美浜にて7/5にストリートライブを決行2000人を超える人が詰めかけた。また、2015年春には豪華ゲストアーティストの提供楽曲を収録したD-51 10周年特別記念コラボアルバム「Sing a Song」をリリース。同年11月には初のアニソンカバーアルバム「Animeno」を発売。 

2018年2、3月NHKみんなのうた「忘れないよ」がオンエア中。
数々のヒット曲を持ちながら今もなお進化を続けるボーカルデュオである。

OFFICIAL WEB SITE

PICKUP

OKINAWA matsuri Twitter

OKINAWA matsuri Facebook